サッカー小僧の蹴りっぱなしBLOG

主にトリニータについて書きます。

第22節 VS 浦和レッズ - HOME -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210726163040p:plain

試合結果

大分トリニータ 1 - 0 浦和レッズ
得点: [大分] 12分 町田 [浦和]

今日のMVP

  • エンリケ
    相手のストライカー、ユンカーを完全にシャットアウト。
    他でもシュートブロック、対人の守備、クリアなど数多くの仕事をこなした。
    また、エンリケは簡単にクリアを選ばずに結構つなぐ意識が高い点もGOOD!!

試合の感想

ボス片野坂…化け物だな…という一戦だった。

前半立ち上がりから、守備が大ハマりで圧倒した前半。
取り所が明確で、選手に迷いがなく津波のように襲いかかった。
良い守備から良い攻撃へ…GOODゲーム。

守備の取り所はサイド。
f:id:blue_rose_man:20210726165215g:plain
相手を高い位置に閉じ込め、前線の長沢は相手のCBとボランチの線を断ち切る構え。
シャドーは相手SB、CBを気にする構えから、CBにプレスをかける。
大分のWBは相手SBを気にするポジショニングを取るが、そんなに距離を詰めずに相手CBがSBにパスを出せるくらいの距離を取る。
相手のCBがSBにパスをした瞬間にWBは襲いかかる。
相手のSHがサポートに下りてきてもそこには大分の左右のCBが付いている。
浦和のもう1人のボランチには、大分の片方のボランチが付いていく。
また、例えば相手のSHなどが下りてきくると、シャドーが相手のCBにプレスに行くと下りてきた相手のSHを使われ、プレス回避の可能性があるといった場合は、しっかりとプレスに行く前に後ろを確認し、プレスにいかず相手の下りてきた選手を見るといった冷静なディフェンスだった。
最終ラインと中盤の距離感をコンパクトにし、かつ背後にボールを蹴らせないプレーでユンカーの能力を無い物にした。
エンリケの守備は最高だった。
素晴らしい守備。

前半、何回もこのような守備がはまり、浦和の前の選手にボールがなかなか入らず、浦和はボールは保持するものの自身のディフェンスラインから前進することが出来なかった。
f:id:blue_rose_man:20210726165326g:plain
浦和はリズムが乗り切れない中、低い位置で意図せぬ形でボールを奪わるので、取られた後の切り替えが遅くなる、逆に大分は意図した形でボールを奪取している分、取った後の切り替えが早く、スムーズに迫力と人数をかけて攻撃を仕掛けることができていた。

ゴールシーンは、チームの連動した守備から高い位置で奪って、素早くゴールに迫った。完璧なゴールだった。
f:id:blue_rose_man:20210726165411g:plain

さらに、シャドーがフリックし、長沢へ…などもプレーが見られて良かった。
f:id:blue_rose_man:20210726165453g:plain

また、CBから長沢へ頭を狙うのではなくゴロのパスも見られた。
CBからボランチ超えて、グランダーでパスが何本かあってかなりよかった。
エンリケは簡単にクリアを選ばずに結構つなぐ意識が高いから好き。
相変わらず、シャドーの抜け出しを見逃さずにしっかりと空を使ってパスを通す下田。

13分の攻撃も狙いまみれのGoodなシーン
f:id:blue_rose_man:20210726165521g:plain

ボール保持が難しいならこんな戦い方いいよね…といった、最高の前半を過ごし、非常にクレバーなチームの姿。
ボールがない時の駆け引き、相手の攻撃の始まりどころを潰し、プレッシングから攻撃につなげていく素晴らしい戦い方。

後半、浦和は杉本をいれ、4-4-1-1のような感じで頂点にユンカー、その下に杉本を配置し、ポストプレーや、時間、起点を作ってもらおうとした。
f:id:blue_rose_man:20210726174430p:plain
高さのある起点がユンカーと杉本の2枚になったことで、大分のCB3枚がこの2枚を見ることになった。
また、浦和のSBの西が中央寄りの高い位置を取ることで、大分のシャドーの背後をとる。
この西のポジションが気になり、浦和の最終ラインにプレスをかけられなくなる。
さらに、西が中央高めにポジションを取ることで、SHの田中がワイドに位置し、香川を押し込んだ。
逆サイドのSBの明本は大分の最終ラインの裏に飛び出すアクションをし、井上と上夷を引き連れ、汰木がボールを受けるスペースと時間を作った。
汰木と田中、ボールさえ持てば個である程度時間も作れ、何かしてくれる。
要は、浦和はストロングである選手にボールを渡せば良かった。
大分は、シャドーの選手などが浦和の高い位置を取るSBを気にするなどで、全体的に後ろに押し込まれ、前半のように前からプレスをかけることが困難になり、浦和は前半ほとんどボールを触れなかった中盤の前の選手がボールを触ることができた。

これに対し大分は、後半の給水タイム後60分あたりに2トップにした。
f:id:blue_rose_man:20210726174500p:plain 相手のCB2枚に対して、こちらも2枚当てる形でCBにもプレッシャーをかける。
さらに、中央を3枚にすることで厄介だった西のところ、汰木のところを捕まえるようにする。

80分過ぎたあたりは、基本逃げ切り体制にしつつ、元気のあるメンバーを前に置いて、守備でも攻撃でも走り回ってもらおう的な感じで上手く試合をシャットダウンした。 f:id:blue_rose_man:20210726174641p:plain

この試合は、ボール保持にこだわらずに、高い位置で連動した守備でボールを奪って素早く攻撃し勝ったが、基本的にはボールを支配して躍動感のあるサッカーをしたいチーム。
今日のような戦い方はオプションとして最高だった。

最後に…
f:id:blue_rose_man:20210726165555g:plain
これがハンドじゃないなんてマジでどうかしてるだろ…。

VARを担当した家本審判はこう言ってるけど、余裕でブーイング!
主審にビデオチェックさせることはして欲しかったね。

次節も勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…11分、町田ナイスヘディングゴール
  • 1N…20分、下田ナイスカット
  • 1N…28分、井上ナイスクロス
  • 1N…38分、三竿、ナイスディフェンス
  • 1N…38分、エンリケ、ナイスディフェンス
  • 1N…41分、三竿、ナイスディフェンス
  • 1N…46分、エンリケ、ナイスディフェンス
  • 1N…54分、井上、ナイスパス&ゴー
  • 1N…57分、エンリケ、ナイスブロック
  • 1N…57分、エンリケナイスクリア
  • 1N…62分、下田、香川へ抑えた良いパス
  • 1N…71分、長沢、ポストプレーから動きを止めずにゴール前までナイスラン

f:id:blue_rose_man:20210726234128p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20210726234249p:plain

最後に一言

オリンピックが最高すぎる!!
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第21節 VS 清水エスパルス - AWAY -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210709203215p:plain

試合結果

大分トリニータ 0 - 1 清水エスパルス
得点: [大分] [清水] 65分 原

今日のMVP

  • なし

試合の感想

おそらく同じく残留争いをするであろうチームとの対戦、こういう超重要ゲームで勝ち点を持って帰れないと厳しい。
湘南、仙台、柏などなど…勝ち点3を取って、相手に勝ち点を与えない結果が最高だし、それを求められていた。

下田が帰ってきた大分、やはり縦へのパスが増える。
シャドーの動きを見逃さない。
だから、前線は動きやすい。

清水も大分と同様にサイドから得点のチャンスを狙う。
前半は拮抗した感じだったが、後半は相手の試合。
終盤に4-4-2にして、前に人数をかけ、少し大分のペースがきたくらい。
清水は基本4-4-2で試合を遂行したが、3-4-3的になり、3トップで大分の3バックにプレスをかけたり、5バックの形で大分の攻撃を防いだりと良く訓練されていた。

成豪は、出来たら相手ボランチの背中でボールを受けたかったが、少し下りてボールを良く受けさばく、相手ディフェンスラインの背後に飛び出すなど前半は良いアクセントになっていた。
成豪が下りた時に前が手薄になるが、その時に成豪がズラしたスペースを香川が狙うなど、もう少し高い位置を取って、前線に迫力と厚みを出したい。
それがないと、後ろに重たくなるし、アタッキングサードでの迫力が生まれない。

エンリケが左利きなので、どうしても左サイドへの展開がスムーズで多くなる。
そうなると、左CB上夷が右利きなので少しビルドアップ面で可哀想。
どうしても、右でボールを扱いたいから内向きにトラップして、縦への選択肢をトラップで消してしまう。
あと、上夷…もっとボールホルダーとの距離詰めて欲しい。
f:id:blue_rose_man:20210709203408g:plain

大分は、守備はある程度守れるとして、やはり課題は点を取るところ。
かといって守備に改善点が無いわけではなく、点を取ることに少しフォーカスすると、どこでどのようにボールを奪取するか…守備を構えて、5バック+2ボランチの7人で引いて守ってボールを奪取しても、カウンターがかなり苦手な大分は、低い位置から素早くゴールに迫る推進力とアスリート系の能力を備えた選手を持っていないので、出来るだけ高い位置でボールを奪取できたらいいのになとは思う。
カウンターが遂行できず攻撃のやり直し時に、ポゼッションし、相手をズラし、縦パスを入れる…が上手く出来ない。
縦パスを入れられないで、横にパスして、サイドで窮屈になりボールを取られる&ディフェンスライン or GKにバックパス、そこからロングボールをして、ボールを取られる。
ディフェンスラインから長沢に単純にロングボールをし、そのセカンドを拾えという前線の3人…キツく酷なことしてます。
特に、ターゲットは長沢と相手も必ず分かっているので、長沢にはチーム1のDFをつけてくる。
相手も蹴らせてる分、守備は準備万端でセットしてあるので、長沢にはとても難しいミッション…ベルギーのルカクでもだいぶ厳しと思う。

3バック以外の選手には、上手くフリックを使って相手を剥がすプレーももっと見たい。
そのためには、受け手の位置の確認、受け手・出し手の準備、縦・斜め前へのパス、連携などあるが、個人技で1枚相手を抜き去るプレイヤーがいないので、フリックなどダイレクトで局面を楽にするプレーを見たい。

また、下田以外のボランチとCB、WBには一個遠くを見る、そこに出すプレーが欲しい。
例えば、CBからシャドーへの縦パス、斜め前のパスをゴロで。
ボランチからFWへの縦パスをゴロで。
WBから長沢、逆サイドのシャドーにパス
一個遠くに、出来たらグラウンダーでパスをお願いします。

そして、毎回言うが…長谷川、ボールを持ったらまず前を見る意識だけでも欲しい。
すぐ横を見て、横に後ろにパス…怖さゼロのボランチ
両足、使えるのに勿体ない。
長谷川にはミスを恐れずにもっと縦へのパスと勇敢さを要求したい。
試合中も長谷川に対して、前に位置する下田がパスを出せと要求するシーンが何回も見れた。
f:id:blue_rose_man:20210709210040g:plain
安全に横に後ろにのパスばかりで試合を落ち着かせたみたいな無難なプレーばかりされても、その中に前進するパスをどんどん折り混ぜてくれないと…。
サッカーは、点取り合戦…そして、ゴールは前にあるし、ゴールに近いところでプレーするほどゴールの可能性は上がり、そのためには前に行かなきゃいけない。
そして、相手はそれをさせないようにしてくる。
だからこそ、前に運ぶことに価値があるし、それがないと出来ないと勝負にならない。
チームの中央に位置するボランチが横に後ろにばっかりボールをさばいていたら当然チームは前進しないし、全体が後ろに重心が重たくなり、ゴールに迫れない。
長谷川のコンディション、試合勘みたいなのも上がってるように感じるし、期待!!

後半終盤、押し込める時間帯があった。
清水が攻めるよりも守り切ることを選択し、大分としても追いつくために、ある程度バランスを崩して攻めたのもあったが…。
この時間帯は、長谷川が前を意識したプレーがいくつかあり、全体が前を向いてプレーできていた。
ボランチのパス一つ、意識一つでチーム全体の流れが変わる。

20分の攻撃は、最高に良かった。
下田が町田に当てて相手の1人を食いつかす。
食いついた相手は、その勢いのまま前へディフェンスを仕掛ける。
町田からリターンを受けた下田は、上夷へ前を向きやすい気の利いたパス。
前を見れた上夷はフリーになった町田へパス。
その町田からグランダーで長沢へ縦パス、その落としを小林成豪が受け、シュート…縦パスが3本入り、遅攻でもチャンスを作れた。
香川もかなり高い位置が取れており、相手のSBを十分引っ張っていて、町田のフリーを助けた。
また、ボランチの片方の長谷川がシャドー近くの高い位置を取ることで、相手のボランチが長谷川を気にし、町田のところに相手ボランチがディフェンスに行きづらくなった。
香川、長谷川と高い位置にポジショニングすることで町田が快適にプレーできるようになった。
選手がポジションを細かく変え、相手をズラし、ポジショニングで相手を止め、縦パスが入り、多くの選手のベクトルが前を向いた良い攻撃だった。
下田サイドに町田がいた方がいいのでは?
f:id:blue_rose_man:20210709210113g:plain

また、この試合ポジティブだったのは、井上の成長が見られたところ。
ボールをドリブルで運べ、気持ちの面でも戦えていた。
今後にかなり期待。

なかなか課題は解決されない…急にには良くならない…徐々に一歩一歩…もうシーズン半分だけど…。
次節は勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 2N…9分、刀根ナイスブロック
  • 1N…20分、町田、長沢へナイス縦パス
  • 1N…24分、井上ナイス運びのドリブル
  • 1N…34分、エンリケ、長沢へナイスボール
  • 1N…34分、長沢ナイス落とし
  • 1N…62分、下田、小林成豪へナイスパス
  • 1N…64分、井上ナイスクリア
  • 1N…90分、ポープ、ナイスセーブ

f:id:blue_rose_man:20201122191818p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20201122191837p:plain

最後に一言

呉屋さん、頼みます!!
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第20節 VS FC東京 - AWAY -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210702154401p:plain

試合結果

大分トリニータ 0 - 3 FC東京
得点: [大分] [東京] 24分 レアンドロ、45分 ディエゴオリヴェイラ、47分 小川

今日のMVP

  • なし

試合の感想

退場者出たからどうこうより、鹿島戦の強度をお忘れになられたのですか?という試合。
本当になかなか積み上がらないなと、チームスポーツの難しさを改めて痛感した。

最初の失点シーン、相手のレアンドロに上手くボランチの間に立たれ、大分のボランチ2人の軽すぎるディフェンス。
本当に強度と意識の網が低すぎた。
f:id:blue_rose_man:20210703012156g:plain

ペレイラ、周りを伺いながらの気を使ったプレーでまだまだって感じ。
今のところ腰パンスタイルの謎多きブラジル人といった印象。
今後の活躍に期待…なんて言ってられないので、助っ人らしく即活躍に大いに期待。

三竿の前半での退場はかなり痛かった。
今の大分で、このような状況になると勝つのはかなり難しいので、ここで試合が壊れたかな。
ペレイラのパスが少しルーズで相手がプレスにくる時間を作ってしまい、三竿も相手が気になりミスが起きた…が、個人的には、難しいことだけどあれはキチンと三竿に処理して欲しい。
試合でルーズなボールが来ることは多々あるし、その少しのミスをカバーする技術があれば、よりスムーズにバタバタせず、余裕を持って試合を運べる。
また、出し手のパスの質が良ければ、もっとより良いプレーにつながる。
結局は、テクニック、連携不足か…。
f:id:blue_rose_man:20210703012333g:plain

退場は、10人になった時の練習になったと思うには思えない順位にいるが、そう思ってポジティブに捉えてみる。

次節、おそらく坂、三竿がいない最終ラインの可能性が高い…めっちゃ不安だけど、控えにとっては大チャンス。
刀根がスタメンでは思った以上に働けない印象を受けた。
日頃、スタメンで出る機会が少なく、慣れてないせいなのか、元々なのか全然体力無かった。
また、2失点目で人のせいにしてるリアクションしている時点で頭を抱える。
しかし、東京の東が大分ディフェンスの意表をつくダイレクトでクロスを入れた、判断とキックの質は素晴らしいかった。
刀根は、途中交代からの適応力は素晴らしいんだけどなー。
f:id:blue_rose_man:20210703012529g:plain

試合終盤、渡邉新太のディフェンスでイエローをもらったシーン。
イエローもらったけど、あれは素晴らしかった。
あれが守備でしょ。
周りの選手はボールを回されてた時間、何をしていたんだ?
構えて、限定して取り所を定めて、飛び込まない守備ももちろん良いけど、まずボールを取りに行かなきゃ。
ファーストアタックの後のセカンドをかっさらう迫力・気迫・奪う気のあるディフェンスを見せて欲しい。

特に長谷川の相手がプレッシャーにも感じない守備に何の意味があるのか。
疲れもあるだろうと考えたけど、よく考えたら元からそれが彼の守備スタイルだった。
ボールを取りに行って欲しい。
後半立ち上がりの3失点目…
エンリケが上がっていて、後ろの手薄さが気になり、相手を遅らせてプレーさせたい、自分が出て行った後にスペースが空くのが怖い…など気持ちは分かるが、ボールを保持している危険なプレイヤーにプレスに行って少しでも自由を奪って欲しい。 長谷川は、ボール取れないし、縦にボール出せないし…今シーズンのパフォーマンスが本当にヤバい。
左右キックできる選手はレアだし、何かをきっかけで自信を取り戻したら素晴らしいパフォーマンスが出来ると思うんだが…。
f:id:blue_rose_man:20210703010311g:plain

あとは、ポープ、ハイボールをパンチングするのは良いけど、サイズがあるだけにキャッチしてマイボールに出来ないのかなー。
失点するよりは良いんだけど、出来るだけマイボールにして欲しい…切実に…。

次の清水戦を落としたら、もう他の残留争いしそうなチームと離される。
絶対に勝たないといけない。
かなり重要な試合。

次節は勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…2分、小出、ダイレクトでクロス入れたプレーナイス
  • 1N…3分、町田、ボールをスペースで受けるためのナイス動き
  • 1N…8分、三竿ナイスラン
  • 1N…18分、ポープ、ナイス判断
  • 1N…18分、エンリケ、小林成豪へナイスパス

f:id:blue_rose_man:20210702155023p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20210702155050p:plain

最後に一言

次の試合はマジのマジで落とせない。
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第19節 VS 鹿島アントラーズ - HOME -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210627041101p:plain

試合結果

大分トリニータ 0 - 0 鹿島アントラーズ
得点: [大分] [鹿島]

今日のMVP

  • エンリケトレヴィザン
    守備陣の中心として、無失点に抑え、クリアし損ねて危ないシーンもあったが、シュートブロックなど要所でのディフェンスに活躍した。

試合の感想

よく守って勝点1を取った…とみるか、第1節から問題の「守れるけど、ゴール、シュートに持ち込むことは難しい」が未だに解決されてないとみるか…な試合。
どのチームも苦戦する「ゴールを取る」というところだが、第1節から今までその課題は改善されていない。
色々な部分で変化はあるが、1番高めて欲しかった部分は変わってない。
新加入以外の選手の多くが上手くアップデートされないまま今日に至る。
高澤、伊佐、長谷川、ダブル小林、香川、松本…ここ1-3年のベースがこうなると厳しいし、悔しいが補強という手段が出てくるのも理解できる。

試合は、鹿島の球際がかなり強かった印象。
リーグNO.1かもしれない。
その強度の中、中盤での攻守の攻防を繰り広げるが、ボール奪取後にお互い精度が低く、シュート数が少なく、エンタメ性に欠ける試合。

クリーンシートに抑えた守備に関しては素晴らしかった。
大分はいつも通りシュート数少ないからいいとして、鹿島のシュート数を少なく抑えたのは、簡単なことではないし、Very good。

この日のワントップは長沢。
長沢を生かすなら、サイド攻撃は絶対。
長沢を低い位置で相手ディフェンスの裏を突かせてもスピードあるタイプではないから、相手をだいぶ押し込んでない限り、ゴールゲットは難しい。
点を取れるなら、長沢が起点(シンプルなポストプレー、他の選手とのワンツーの壁役でチャンスクリエイト)、サイドからのクロスで長沢の得点…ボランチミドルシュートは無いし、これしかない印象。

どうゴールに繋げるのか…。
浦和戦での得点のように高い位置でボール奪取でき、ショートカウンター気味でゴールに近いゾーンから人数と手数をかけずにゴールを奪えれば良いのだが、多くの場面で自陣で引いてじっくり耐え守る展開が多いだけに、最近それは期待はできない。
f:id:blue_rose_man:20210627082300g:plain

守備に重きを置き、かつ構えてディフェンスするため、ボランチも低い位置になってしまうと、どうしても重心は後ろになってしまう。
守備にパワーを使った後、自陣深くから相手ゴールに迫って走っていくのは何回もできるものじゃない。
そこで、行く時、時間かける時の見極めのセンスが前線の3人、特にシャドーの選手、ボランチには必要。
下田以外のボランチには積極性をもっと求めたい。
渡邉新太、小林成豪にありがちだが、低い位置から無理にドリブルで前進しようとせず、時間を作るドリブルで味方の上がり(WB,ボランチ)を待ち、特にFWが長沢の時はサイドから丁寧に攻めて行きたい。
時間をかけすぎるのも良くないが、スピード、勢いを保てる絶妙な時間の作り方をシャドーのポジションには期待したい。
低い位置からドリブル開始して何人も抜くことは困難だし、抜いた上で…って話なので、相手を抜く勝負はアタッキングサードで是非ともお願いしたい。
攻め急いで無理して相手に囲まれてボール奪われるくらいなら、シンプルにプレーした方がいい。

この日の井上は攻撃だけではなく、守備での強度も増し、計算が出来るようになった印象を持った。
相手のディフェンスラインをズルズル下げるドリブルの仕掛けなどは凄い良かった。

まあ、シュート1本ってマジでヤバすぎでしょ…。

次節は勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…28分、小林裕紀、町田へナイスボール
  • 1N…29分、コーナーキックを取る長沢のプレー
  • 1N…36分、渡邉、長沢へナイスボール
  • 1N…36分、長沢ナイスポストプレー
  • 1N…38分、エンリケ、ナイスカバー
  • 1N…48分、香川ナイスブロック
  • 1N…50分、長沢ナイスポストプレー
  • 1N…51分、長谷川ナイスサイドチェンジ
  • 1N…51分、井上、相手を下がらせるナイスドリブル
  • 1N…53分、井上ナイスプレスバック
  • 1N…63分、エンリケ、ナイスシュートブロック
  • 1N…67分、三竿、渡邉へナイスボール

f:id:blue_rose_man:20210627041125p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20210627041142p:plain

最後に一言

はあ…最悪だ…野村と下田が恋しい。
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第18節 VS コンサドーレ札幌 - AWAY -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210623005750p:plain

試合結果

大分トリニータ 0 - 2 コンサドーレ札幌
得点: [大分] [札幌] 9分、21分 金子

今日のMVP

なし

試合の感想

前節勝ったからって劇的に良くなるとは思ってなかったし、福岡戦もそんなに内容は良いわけでは無かったし、すごい期待していたわけではないが…にしても、試合が最悪すぎて怒りとショック…。

水曜に鹿島戦があるのも影響してかメンバーが結構変わっていた。
ワントップに井上で純粋なFWはスタメンに不在。
井上の役割は、攻撃面はスピードを武器に裏に抜けてチャンスを作れ!
守備面は、スピード感ある守備でスイッチを入れる!…と、簡単に想像できるのはこんな感じか。

試合は、チャナティップのアジリティの高さに大分のボランチがついていけずにはがされる。
井上健太と小林成豪の守備はやり方が上手くなく前からハメに行くシーンを作っても意味のないものになっている。
コースを切りながらディフェンスなど上手くやらなきゃ意味がない。
前線からの守備が中途半端なので、そこで相手にストレスを与える事なく剥がされてしまう。
札幌にどんどん厚みを持って押し込まれる。
そんな中、またもや早すぎる失点…キックが上手い選手(福森)にプレッシャーをかけていない意味が分からない。
前節の福岡戦はサロモンソンを警戒していたのに…1個勝ったら、次の試合で何も出来なくなる…なんなんだ一体…まあ、1勝したからって問題は簡単に解決しないのは分かっていたが。

ボール奪取して、素早く前線の井上のスピード生かしたいが、小林裕紀のストロングでもあるんだけど、謎に落ち着かせるプレー…はっきりいって、落ち着かせてるようだけど、多くの場面でその間に相手は守備セットするし、チャンスとスピード殺してます。
弱者が勝つにはカウンターは必須。
もっと狙う時大胆にプレーして欲しい。
おそらく井上は走り出すアクションを起こしてるはず。
むしろ、井上の動きを確認せずに「走っているだろう」と見ずに蹴ってもいい。
多少ズレても井上なら追いつくかもしれないし、2、3回目にはアジャストしてくるかもしれない。
とりあえず、相手守備陣形が整う前に相手の裏にボールを落として、井上にヨーイドンさせたかった。
結局、試合を通してボールを奪って前に素早く井上を使って攻撃するシーンも少なく、攻撃に時間をかけ、相手の守備がセットされる。
そして、札幌の勢いのある守備により、大分の最終ラインから井上にハイボールを蹴らされ、井上が相手に競り勝てるわけなく(井上のストロングはハイボールを競ることではない)、相手ボールに…。
札幌が前線に外国人がいなくて、守備をしっかりする選手がいたことがさらに難しくさせた。

大分トリニータさん、前半立ち上がりから積極的にプレーしてみませんか?
やろうとしたらできる場面多いし…相手が得点後にテンション下げたってのもあるが。
プラン的に前半我慢して後半勝負みたいな気持ちは分かるんですが…。
守備で後ろを気にしすぎ。
ボールを奪いにアタックに行って欲しい。
また、決定的なパスを出す選手、もしくはその一歩前のパスを出す選手…これがボランチが出来ないのは痛い。
ゴールに迫れない。
前にボールを出せないボランチのセットは厳しい。

小林裕紀は、最近本当にパフォーマンスが落ちてる。
元々そんなに相手にとって危険なプレーをする選手ではなかったが、にしても危険度が低すぎる。
危険なところにパスを出すわけでもない…リスクマネジメントに徹して、ミスを恐れて何もしない選手…最近、そんなイメージが強くなった。
確かに、リスクマネジメントの面では空いたスペースを埋めたり、少し落ち着かせて時間を作ったり、気の利くプレーをするけど、点取るゲームをしてるからもう少し脅威が欲しい。
羽田のようなタイプと組むより、下田のようなより攻撃的な人と組むのが良いのかもしれないが、守備に重きを置けるほどの守備力もないし、チームの選手層の事情もあるので、攻撃面の貢献も欲しい。
上手くて、プレーもクールで好きな選手だし、個人的には下田と小林のセットがベストと思ってるから、マジで期待してるし、頑張って欲しい。
大分のボランチ陣…小林裕紀、長谷川…comebackしてこい!!

あと、高畑が出る意味が毎試合分からないんだけど、練習でめちゃくちゃ上手いのか?
日程、コンディション、左利きを左サイドで使いたい…などといった、理由があると思うけど、まだ右利きだけど福森とかの方がいい気がする…試合が肝心。
思い切ってプレー出来る様になったら凄い良いんだろうけど…成功体験が少ないからかもしれないが、何か毎回ビビってプレーしている気がする。
貴重な左利き、クロスも綺麗…自信を持ってプレーして欲しい。

次節も勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…55分、エンリケ、ペナ内で手を後ろに組んで相手のクロスを胸でしっかりディフェンス

f:id:blue_rose_man:20210623010016p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20210623005814p:plain

最後に一言

はあ…最悪だ…野村と下田が恋しい。
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第17節 VS アビスパ福岡 - HOME -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210603135824p:plain

試合結果

大分トリニータ 2 - 1 アビスパ福岡
得点: [大分] 7分 長沢、70分 エンリケ [福岡] 77分 クルークス

今日のMVP

エンリケトレヴィザン

攻守に大活躍。
攻撃面では、CKから得点。
ゴール後の喜びの爆発具合とチームメイトとスタッフとの喜びは痺れるよ!!
f:id:blue_rose_man:20210603150334g:plain
守備面では、相手のパワフルなFWに対してバトルを制し仕事をさせなかった。
また、エンリケは、ハンド取られないように手を後ろに組むタイプ…個人的に、体に手をつけるより後ろに組む方がベターと思ってるのでエンリケ最高。
あとは…エンリケなのかエンヒキなのか、本人に確認したい。

試合の感想

ダービーとして絶対に負けられない一戦。
この試合結果により色々と動きそうなので絶対に負けられない一戦。
残留のために絶対負けられない一戦。

立ち上がりから右サイドを中心に良いリズムでゲームを進めることに成功。
小出が高い位置を取り、相手のSBが小出を気にする。
その背後のスペースを町田が狙う得意のシーンが何度も見られた。
この試合、両WBの香川と小出は攻守に90分かなりハードワークし勝利に大きく貢献した。
小出は積極性と大胆さがある素晴らしいパフォーマンスで、前方の町田の一個奥の長沢を見れるし、長沢の頭に合わせる高めのボールではなく、グランダーで通せるから良い。
さらに、果敢にアップダウンを繰り返し、攻守に気持ちの入ったプレーでファイトした、MVP級の活躍。
香川は、後半チームが苦しい中ボールを持って前に運んでくれた。

いい流れのまま、早い時間に欲しすぎる先制点をゲット。
f:id:blue_rose_man:20210603141918g:plain
小出の長沢への縦パスから、その落としを町田が受け、ドリブルしてクロス、それたところを香川が長沢へ狙ったとは思わないけどパス…点取る男の元にはボールが溢れてくるんだよな。
町田に落とした後、プレーをやめずにスルスルとしっかり中に戻っていった長沢…冷静に決めた長沢…長沢先輩、流石です。
そして、褒めるべきはもう1つ…逆サイドの香川がしっかり上がっているということ。
長沢がサイドに流れ起点を作ったことにより、中が手薄になるのだが、シャドーの小林成豪1人では迫力がでない。
そこで、しっかりとゴール前まで長い距離を上がってきた香川に拍手。

しかし、長沢先輩は前線で起点になれるなー。
しっかり体を張る、体の使い方、ポジショニング、ヘディングの技術、どの相手と競るか…長沢先輩、流石です。
そして、町田…相手の嫌がるプレーの連続、守備もサボらない。
毎試合、走り回り、決してサボらない。
羽田も中盤でのエアバトルでよくファイトした。
毎度の活躍、チームの柱で攻守にハードワークする小さな巨人、下田。
逆に、小林成豪はボールロストが多く、あそこでボールを簡単に失うとかなり厳しい。
今後、持ち前の果敢にボールを前に運ぶプレー、ゴールに向かうプレーでチームを助けることに期待。

対する福岡は、ボールを保持していても深い位置に侵入することはせずに、終始クロスなりロングボールを前線に放り込んで、フィジカルを生かしたパワープレーに近い攻撃。
ボール保持時の攻撃のバリエーションは少ないように見えた。
大分としては前線から取りにいったところを、福岡に前線に放り込まれて、前がかりになったデフェンスラインの裏や前のスペースを空けたくなかったので、あえてボールを福岡に持たせ、スピード感を持った攻撃をさせたくない感があった。
大分は基本、そんなに前から食い付かず、後ろでブロック作って、自陣危険な位置のスペースを埋め、エンリケを中心にしっかり弾き、セカンドをなかなか拾えない時間帯も多かったが、よく頑張った。
前からプレスがハマりそうな時は、プレスをかけ相手のラインを押し下げるような守備だった。
また、サロモンソンサイドの香川、小林成豪がイエローカードを貰ったように、サロモンソンのキックをかなり警戒していた…が、福岡は特に前半の攻撃を左サイドを中心に仕掛けた。
福岡としては、大分の右サイドの小出、町田を押し込んでおきたかったのか…。

大分は攻撃時、マイボールになった時、前に急ぎ過ぎて雑な攻撃が目立った。
先制点を早めに取れたのも大きいとは思うが、もう少し丁寧に後ろから作るなりして、大分としては試合を通してもう少し自分たちの時間が欲しかった。
当然、耐える時間が多いと失点のリスク、体力の消耗などある。
福岡は、ボール保持時に課題があるように見えたから良かったが(大分はそこを上手く利用したとも言える)、今後もっと強いチームや今はボールを保持したいチームが多いので、出来るだけ耐える時間は少ない方がいいし、こっちの方がボールを保持しておきたいし、大分はボールを保持していたいチーム。
やはりここの課題は避けられない。

しかし、目の前の相手に負けない気持ち、粘り強く、ハードに、集中を切らさず戦えたことは今後に凄く力になる。
この試合、みんな戦士だった。
一致団結しているチームは本当に強い。
チームワークが個を上回る瞬間…レスターのプレミア制覇が表現したように、それがチームスポーツの醍醐味の1つ。
正直、Jリーグにメッシ、クリスティアーノ、ムバッペ、ハーランドなどアンストッパブルな選手は存在せず、絶望するほど埋まらない個の力の差はない。
今、Jリーグで首位を走っている圧倒的なチームはおそらく今季もチャンピオンになるだろうけど、彼らはチーム力にプラスして個があるからこそあのレベルにいる。
大分は、チームワーク、パッションで人々を感動させるチームであって欲しいし、サッカーの魅力を表現して欲しい。
メッシの5人抜き、ムバッペのスピードなど個に感動することもあるが、川崎の三苫のドリブルをレアンドロのパワーを川崎をチームで上回り、勝つ…そして、多くの人が絡んだゴール、局面で体を張る…この日みせたチームワーク、パッション、勇気をベースにその上で、大分が目指す戦いにチャレンジしていきたい。

失点シーンのPK…。
下田がハンドでPK取られて、決められた後、「あー、ごめん」と叫んだように見えたが…全然ごめんじゃないよ!!
今まで攻守にハードワークして、どれほどチームに貢献してきたと思ってるんだ!!
しっかり最後まで飛び込んでディフェンスしてくれてありがとう!!
PKは、GKがきっと止めてくれる!!

中断期間にはいって、「補強だ」みたいな声もあるが…個人的には今の選手とコーチ、スタッフを信じている。
もちろん、厳しい状況で様々な面で向上することは必要だが、自信を取り戻し、良いメンタルを保てば出来ると思っている。

次節も勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…1分、小出、長沢へナイスボール、その後もナイスランニング
  • 1N…2分、三竿、町田へナイスボール
  • 1N…4分、羽田ナイスサポートから町田へ良いリズムで縦パス
  • 1N…6分、小出、長沢にナイスボール
  • 1N…16分、三竿、長沢へナイスボール
  • 1N…17分、ポープ、下田へナイスボール
  • 1N…20分、ポープナイスキーパー

f:id:blue_rose_man:20210603135901p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • 47分、コーチ陣に浅田飴を配るボス片野坂
  • 78分のヒートアップシーン…いいね!戦ってる!

順位表

f:id:blue_rose_man:20210603140006p:plain

最後に一言

この勝利で何かが劇的に大きく変わるわけではないし課題も多いが、この結果、この一戦が自信、勇気となり物事が少しでも好転していくことを切に願う。大分の選手は出来ると信じている。
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!

第16節 VS 横浜F・マリノス - HOME -

メンバー

f:id:blue_rose_man:20210529162143p:plain

試合結果

大分トリニータ 0 - 1 横浜F・マリノス
得点: [大分] [横浜] 82分 前田

今日のMVP

なし

試合の感想

終始横浜ペースで圧倒され、いつ失点してもおかしくない展開の中、80分過ぎまで耐えれたが失点してしまった。
勝ち点1が欲しかった。
あわよくば勝とうとせずに、完全に引き分け狙いの戦い方に振り切っても良かったが、そこはHOMEだし、プライド的になかなか難しい判断か…。

横浜は3トップが強烈かつ、攻撃時には4-3-3から2-5-3のような形で、SBが中に入り、2バックから強烈な3トップへのパスコースを作りながら、中盤を厚くし、ゲームを自分たちのものにしようとしてくる。
対して、大分は守備時に4-4-2っぽい感じで、相手の3トップに対して、ディフェンスライン4枚ぶつけ、相手中盤5枚に対して4枚or5枚、相手の攻撃の出どころの2バックに対して2枚or1枚をあて応戦し、割と前からプレスをかけた。
しかし、全くといって良いほど機能せず、横浜の中盤はグルグルを流動的にポジションを変えながら大分に捕まえさせない。
その後、いつもの3-4-2-1に戻したが好転することは無かった。
高澤も町田もディフェンスライ付近まで吸収されるシーンもあり、凄い押し込まれていたのが分かる。
逆に考えれば、横浜は攻撃時ディフェンスラインには2人しかいないから前線に攻め残っていたり、良い形でボールを奪えて、そこに早く渡せばチャンスなんだけど…チアゴというスペシャルなDFのせいで、全てカバーされる。
横浜のミスしない技術の高さ、秀逸なポジショニング、連携、ディフェンス時の弱点(カウンターなど)に対するマネジメント…素晴らしかった。
大分は、ボールを取っても、横浜の守備時の切り替えの早さ、強度の高さがレベルが高く、自分達のプレーの時間が持てずに終始前に蹴り出すしかなく、押し込まれてる分、前線は手薄でそのボールのこぼれに追いつくのは難しく、そこでのセカンドを拾うのはかなり厳しかった。
また、ボールが収まってもサポートに時間がかかり、そこで攻撃が終了した。
守備時のクリアも自陣深い位置まで押し込まれているのでクリアボールをマイボールにするのも難しかった。
どうにか自分たちの時間作りたかったなー…後方を上手く使って、相手のプレスを活用してスペースを上手く見つけ出しって感じも見たかったけど、難しかったのかな…前線に早くみたいな狙いもあったかもだけど、思い切ってやって欲しかったな。
個人的に、想像以上に差があってかなりショックだった試合。

しかし、サイド、ボランチの人材不足がヤバいな…長谷川より羽田の方がかなり信頼させれるようだし…長谷川大丈夫か?
休ませることが出来ない下田、町田、三竿の疲れも半端ないと思うし、他の選手の活躍必至すぎる。
あと、エンリケを彼の普段のように使ってあげれてないのは気の毒だなー。

次のアビスパ福岡戦に敗れたら…監督チェンジの可能性あるなー。
変わっても良い方に転ぶとは思えないけど…ボス片野坂の辞任というパターンがありそう。
チームの順位、結果を見れば当然だが、自分達のプレーに自信が持てない…とりあえず、選手に自信が持てるきっかけになる試合、結果が欲しい。
現時点で共に降格を争いそうな他のチームが結果を出してきてる感あるし、置いていかれないようについて行かないと…とにかくメンタル…。

次節の勝利に期待!!

NICEポイント(Nポイント)

1N: 好きなプレー、良いプレー
2N: 凄いプレー
3N: 超凄いプレー
* 全て私の独断と偏見で決めております。お許しを。これらの方法は、尊敬しているお笑い芸人ペナルティのワッキーさんのGOODポイントを参考にしております。

  • 1N…35分、ポープナイスボール
  • 1N…77分、ポープナイスキーパー

f:id:blue_rose_man:20210529162206p:plain

おもしろ・印象的ポイント

* 面白かった・印象的な場面を紹介します。こちらもワッキーさんの方法を参考に...というか真似です。

  • なし

順位表

f:id:blue_rose_man:20210529162224p:plain

最後に一言

マジでヤバい…。
では...全てのフットボールファンへ...GOOD LUCK!!